着物コラム

<着物コラム2>

6月から9月までの夏の装いと帯合わせ」

 前回、着物は季節に合わせて3種類あるとお話しましたが、帯は大きく夏生地の帯と冬生地の帯に分けられます。お客様から、「単衣を着る6月にはどんな帯をしめたらいいの?」としばしば質問されることがありますが、基本的に6月から9月までは夏帯で過ごします。

ちなみに、5月の中旬ともなると季節を先取りして単衣を着るようになります。この時も着物に合わせて帯も夏生地の帯をしめます。

 

夏帯と冬帯の違いですが、一言で言えば透けるか透けないか。夏帯は好ける素材のものを指します。例えば、絽や紗、羅、麻、紗紬など。帯の種類としては名古屋帯、袋帯があります。

昔は紗の帯は7月8月だけのものと言われていましたが、最近ではあまりこだわらなくなっています。単衣仕立ての着物と絽や紗、麻の透ける生地には透ける生地の帯を合わせると覚えておけば迷うことはありません。

 

 こうした夏の装いには、長襦袢や半襟、帯揚げ、その他の小物なども夏物を合わせます。あれこれ準備するのは大変という方は、絽の長襦袢や帯揚げを準備しておけば6月から9月まで間に合います。半襟も絽塩瀬なら夏中大丈夫。絽縮緬の半襟は、盛夏を避けて主に単衣の時期〈6月と9月)に使われます。

 夏の帯締めは、涼しげなレースのものがおしゃれですが、無理に買わなくても袷用の帯締めのなかで少し細めのものを選べばよいでしょう。

 さまざまな帯がある中で、とても便利なのが博多帯です。着物を着るとき、帯の下にしめる伊達締めをご存知ですか?シャキシャキとした織物。あれが博多帯です。この博多帯は真夏の7・8月位牌は3シーズン締めることが出来ます。ほとんどが幾何学模様ですから、季節を選ばないのも便利です。

 ただし、この帯は格式の高いものではありません。麻などの透ける織物や絽や紗の小紋くらいまでの着物に合わせてキリッと結んで下さい。紗献上という透け感のある帯もあります。こちらは6月下旬から7・8月までの盛夏に。

 

 着物は洋服以上に生地や柄で季節感を表現しています。たくさんの着物を見ていると、それが徐々に分かってきます。それもまた、着物の楽しみ方のひとつといえそうです。

 

 

 

 

 

<着物コラム1>

「着物は袷(あわせ)と単衣(ひとえ)と盛夏用の薄物(うすもの)の3種類」

 季節の移り変わりによって洋服を変えるように、着物も季節によって変えてゆきます。

ただ、洋服と違うのは、更衣の月が決まっていること。着物の場合、「この季節は、なにを着ようかしら」なんて、洋服のように迷うことがないんです。

さて、その時期ですが、10月から5月は袷6月と9月は単衣7・8月は盛夏用の薄物と覚えてください。

 

袷とは、裏地がついている着物のこと。この裏地、本当は「八掛(はっかけ)」といいます。八掛の色で着物の雰囲気はガラリと変わりますから、八掛選びはとても大切。着物通は、この八掛にこだわります。着物の生地は縮緬や綸子、紬など。

 

単衣とは裏地(八掛)をつけないで仕立てた着物。生地(反物)は袷の着物と同じです。ということは、袷の着物から裏地を取れば単衣になるということ。もちろん、単衣の着物に裏地をつければ袷になります。

ただ、厚地の紬を単衣にすると、見た目も暑苦しくなりますし、着ていても重い感じがしますから、一般的には肌触りのいい少し軽めの生地で仕立てます。

 

盛夏用の薄物とは、透ける生地で、裏地はつけない着物です。「夏に着物なんて」と思いがちですが、夏にキリリと着物を着た姿はとても魅力的。夏の着物の生地は思いのほか多く、絽、紗(しゃ)、芭蕉布、小千谷縮、夏結城などがあります。

 

 着物の基本はこの3種類だけ。1枚ずつあれば、1年中着物を楽しむことができるんです。

 「でも、帯は?」

 そうですよね。次回は帯のお話です。

 

☆ただいまコラム以外にもこちらのFacebookとWeblogで様々な情報を公開中です!!ぜひ寄っていってください。☆